インテリアを探す
無印良品から、新しい暮らし方の提案

一人暮しの準備−必要なもの−

初めて一人暮らしをする場合、「こんな部屋がいいなぁ〜」「こんな生活がしたいなぁ〜」と色々楽しく想像していることと思います。

「あれも必要かも?これも欲しいなぁ〜」と・・・。でも使えるお金には限りがあるし、実際生活してみたらあまり使わなかったり、部屋が狭くて置き場所に困ったりすることがあります


人によって必要なものは変わってきます。(自炊するorしない、友達をよく呼ぶetc…)


そこで最初は最低限必要なものだけ揃えて、生活してみて必要になったものを買い足していくことをお勧めします

一人暮らしを始めるのにまず最低限必要なのは布団・照明です。
布団は今まで使っていたものを持って行ってもいいでしょう。
照明は部屋を確認して既についている場合は必要ありませんが、結構忘れがちですので注意が必要です。


家電は必ず部屋のどこに置くか決めて、寸法を測ってから購入するようにしましょう。
洗濯機冷蔵庫電子レンジは必要かと思います。
炊飯器は自炊をしない場合は必要ありませんが、御飯だけでも炊くようにすると節約になるので購入をお勧めします。
家電の選び方は一人暮らしに必要な家電・家具・日用品を参考にしてください。


カーテンもすぐに必要です。明かりをつけたら部屋が丸見えでは防犯上もよくありません。引っ越し前に部屋を採寸しておきましょう。
遮光カーテンだと明かりが漏れないので在・不在が知られないのでお勧めです。


日用品では洗濯紐や物干し・洗濯洗剤・洗濯バサミ・雑巾やスポンジ・各種洗剤・トイレットペーパーなどが必要かと思います。


キッチン用品ではコンロが必要です。最初から部屋についている場合は不要ですが、自炊しない人でもお湯を沸かしたりするのに必要です。
自炊派にはガスコンロがお勧めです。電気コンロは火力が弱く本格的な料理に向かないことがあります。
やかん・鍋・フライパンもあるといいでしょう。
自炊しない人でもまな板・包丁・しゃもじは必要かと思います。

食器では茶碗・お椀・皿・カップ・箸・スプーン・フォークは友達や家族がよく来る場合は数組用意しておくと便利でしょう。


その他の物は実際に暮らしてみて購入するとよいと思います。

一人暮らしをはじめるにあたって必要なものをリストアップしてみました。

ショッピングリストのダウンロードはここをクリックしてください。

引越し前は必要最低限のものだけをそろえるようにしましょう。
大物の家具や電化製品は出来るだけ転居先が決まってから購入するようにしましょう。新居が決まっておき場所を検討しながら選ぶのが良いでしょう。

●家電●
値段の目安選ぶポイント
冷蔵庫¥35000冷凍室が大きいと食費の節約に役立ちます。作り置きのおかずや食べ切れなかった食材をたっぷり保存できれば、食費の節約になるうえに、自炊が楽になります。一人暮らしなら2ドアタイプがお勧め。
洗濯機¥35000タイマー付き洗濯機なら外出中に選択が完了でき便利です。時間を有効に使えます。
テレビ¥28000ビデオ・DVD内蔵型ならコンパクトです。
炊飯器¥8000とりあえず3合炊きで十分です。大きいサイズだと電気代がかさみます。自炊しない人でもご飯だけは炊くことを勧めます。
電子レンジ¥10000温めるのはもちろん、解凍や下ごしらえにも使える電子レンジは一人暮らしの必需品です。色々か機能に惑わされず、シンプルで使いやすいものを選びましょう。
掃除機¥12000さっと取り出して手軽に使えるスタンドタイプがお勧めです。場所もとりません。


●家具・日用品●
値段の目安選ぶポイント
ベット¥25000シンプルでコンパクトなものを選ぶのが良いでしょう。ソファーもベットも欲しいというひとにはソファーベットがお勧め。
布団・枕一式¥15000防ダニで洗えるものを選ぶと良いでしょう。1日の3分の1を過ごす場所だからこそ質にもこだわって選びましょう。
テーブル¥15000はじめは低いタイプのものがおススメ。背の高いテーブルは部屋を狭く見せるので注意が必要です。
収納家具¥1500〜持ち物の量を考えて収納家具を選びましょう。カラーボックスは重ねたり並べたりでき、値段も¥1500くらいと手ごろ。スチールシェルフは何でも納まる収納力とシンプルなデザインが人気。
カーテン¥4500防犯のためにもすぐに購入しましょう。生成りならどんな部屋にも似合います。飽きの来ないデザインを選ぶのがコツです。
タオル一式¥4500バス、洗面、キッチンと何かと使うタオルは3サイズ各2枚以上そろえておこう。
調理器具一式¥10000どのくらい自炊するかを良く考えて選びましょう。たまに自炊する程度ならなべとフライパン包丁とまな板で充分です。
カップ・グラス類1個¥300初めをお気に入りのもを1つ用意すると良いでしょう。マグカップならコーヒーにスープにと何でも使えます。
お皿・プレート類一人分¥2500まずは1人分で充分。直径30cmくらいの皿はなんにでも使えて便利です。大小サイズあると使いやすいです。
ゴミ箱1個¥500分別を考えて2つ以上を用意しておくと良いでしょう。
トイレブラシ¥350トイレ掃除の必需品です。ブラシ部分が丈夫なものを選びましょう。



必要なものが決まったら賢く上手にショッピングしましょう

●100均の利用
ほとんどの日用品がここで揃います。
しかし、本当にお得なものと実はそうでないものがあるので注意が必要です。
食器や布類は100均がおススメです。
ダイソーの店舗検索はこちら

●リサイクルショップの利用
値のはる家電も激安で手に入るのでうまく活用してみましょう。
全国のリサイクルショップの検索はこちらからできます。

●ネットショップの利用
忙しくて買いに行く暇が無い方や、自宅でじっくり選びたい人にはおススメ。
家具・家電・雑貨なんでもそろう、日本最大のショップサイトは
楽天市場
です。
家電の購入なら激安!家電のタンタンショップ
がおススメです。

ショッピングリストのダウンロードはこちらからできます。

家具購入の際にはワンルーム用、家具サイズの選び方も参考にしてください。

すべて買い揃えるとそれなりにお金がかかります。
初期費用を抑えて一人暮らしを始めたい場合にはレオパレス21がお勧めです。家具・家電つき。水・光熱費不要のマンスリーレオパレスがあります。インターネットも完備で学生には学割も。その他さまざまな特典付いてます。


〜ひとり暮らし完全サポートBOOK(主婦と生活社)〜一部引用
●フローリングならベットがおススメ
布団にするか、ベットにするか?これは好みの問題ですが、フローリングのワンルームマンションの場合は、ベットをおススメします。
ワンルームマンションには布団をしまえるだけの奥行きのある収納がないことが多いのと、厚手のカーペットでも敷かないと、真冬に布団で寝ると背中から底冷えしてしまいます。また、フローリングの床に直接布団を敷くと、汗で布団の裏がびしょぬれになるので注意が必要です。

●ベットの高さの決め方
ベットは部屋のかなりのスペースを占めるので、部屋の広さ、間取に合ったベットを選びましょう。
部屋がすごく狭い人は、低めでシンプルな形のベットがおススメです。広さを演出できるし、ソファーとしても使うことが出来ます。
収納スペースが少ない人は、高さのあるベットがいいでしょう。ボディの下に収納ボックスなど色々収納できます。
引き出しつきのベットを買うときは、なるべく引き出しの容量の大きいものを選びましょう。目安としてマットレスの高さまでが80センチ以上あるベットがいいでしょう。

●ベットの硬さを選ぶコツ
ベットは1日の3分の1を過ごす場所で、睡眠は生活の基本でもあります。それだけにベットは慎重に選びたいですね。
快適に眠れるベットを選ぶポイントは、“マットレスの硬さ”です。柔らかめがいいか、固めがいいかは、その人の体重で変わってきます。
目安としては、45キロ以下の人は軟らかめ、40〜75キロくらいの人は、レギュラーかやや硬め、75キロ以上の人は、固めのマットレスを選ぶと良いといわれています。

●ソファの選び方
ソファーを選ぶときのポイントは、まずは壁を背にしておくか、窓を背にして置くかを決めることが大切です。
窓を背にしておく場合は、ソファーを買う前に、窓の下から床まで何センチあるか測っておきましょう。そして、背もたれが窓から入る日光をさえぎってしまわないようなソファーを選びましょう。
ご案内
一人暮らしの準備に必要なチェックリストをダウンロードできます。
家電・家具・日用品チェックリスト

60社以上の引越し会社へ無料で一括見積もりこちらからできます。


このブログがお役に立てましたら
クリックお願いします。
人気blogランキングへ


気に入っていただけましたら
また遊びに来てください。